ネット総合病院で個人輸入の注文はコチラから

バイアグラが処方される人

勃起不全の人に処方されるバイアグラですが、実際にはどのような人に処方されているのでしょうか?バイアグラは医師の処方箋が必要な医薬品です。そのため、どのような症状なら処方されるのかが知りたいところです。

 

日本での専門外来の診察者の種類は、心因性EDが7割、器質性が3割だといわれています。日本でバイアグラが発売されて以来、実に数多くの患者さんが、バイアグラによって勃起不全の治療を始めています。

 

では実際にはどのような患者さんにバイアグラが処方されるのでしょうか?年齢別で言うと30代40代の男性が多いようです。これは、まだ子供を作れる年代のご家庭だと想定されています。しかし、実際に症状で悩んでおられる方はもっと高齢者の方が多いということです。

 

バイアグラを服用する前に、勃起機能について調べると、先ほどのように、心因性の方が圧倒的に多いようです。この割合も患者の年齢ともに推移するようです。高齢者になってくると器質性の勃起不全の患者さんが増えてきます。また、どちらかと言うと心因性の勃起不全の方がバイアグラの効果を実感できやすい環境であるのです。

 

完全に勃起機能が壊れてしまっているような器質性のEDだと、どんなに優秀な効果を持っているバイアグラでも、全く効果を出すことができないからです。

 

そのために、心因性の勃起機能障害の患者さんの方がバイアグラを処方してもらいやすいということになります。


page top